沖縄へ格安で引っ越しする方法

沖縄まで一番最適&格安な引っ越し方法ガイド

いざ沖縄へ引っ越す!と決めるといろんなことで忙しくなります。 仕事の調整、ご近所やお知り合い、ご友人との別れ、子供の学校の手続き、役場での手続き・・・・ とはいえ、まずは荷物どうするかということを決めなくして作業は進みませんね。 荷物を運搬する方法は大きく分けると3つの方法があります。

 

沖縄へ引っ越しする方法その1.

引っ越し業者を利用して、家財全て荷物をフェリーで運んでもらう

沖縄へ引っ越しする方法その2.

引っ越し業者を利用して、家財を最小限にしてフェリーで運んでもらう

沖縄へ引っ越しする方法その3.

ゆうパックを利用して、家財を最小限にしてフェリーで運んでもらう

 

現在の家具・書籍類・衣類など断捨離(だんしゃり)実行!

沖縄での暮らし、とにかく湿気対策が必須になります。

 

そのためカビやすい衣類や本はこの際、サヨナラして断捨離しましょう。沖縄に引っ越し代や送料かかって運び込んでもその後かびてしまって捨てるしかなかった・・・なんという事態は避けたいものです。

 

私自身も、沖縄に移住したのが2月末。

そのあと4月末か5月初めごろから梅雨入りします。

移住して2か月するかどうかで、革靴・書籍類・衣類などなど、あっという間にカビにやられました。

 

カビ対策してたし、お洗濯もして保管してたし、

 

沖縄の梅雨を甘く見過ぎていました。涙

 

そこでお勧めなのは自宅にいながら買取査定をしてくれるというこんなサービス! 重い本やCD類も、無料で宅配便が引き取りしてくれるとか♪ 引っ越し前は時間がないからこそ買取依頼するだけなんてありがたいはずです。

 

 

ちなみに本30点から、CD20点から、DVD10点から、ゲームソフト5点から宅配買取対象です。この際思い切って断捨離です。

 

本・CD・DVD・ゲームソフトなどジャンルが複数の場合は合計20点以上で買取OKだとか。

 

■買取手続きの方法 「買取お申込フォーム」より必要事項をご入力&「送信」をクリック☆

ネット専門だから出来る高価買取!【book-station】

 

ダンボールの個数やガムテープを必要としてたら、ダンボール・ガムテープ付きの買取資料を無料でGETでき8ます♪

 

※ダンボールを同時にご希望されました場合は、板状にたたまれた段ボール箱に、クリアファイルに入れられた書類がガムテープで貼り付けられた形での発送となるそうです。

 

 

オススメの沖縄輸送(引越し)方法

沖縄へ引越し,荷物運搬方法

上記3パターンを上げましたが、そのうちオススメの方法2つ具体的に解説!

 

1.荷物をコンパクトにして2トンコンテナで沖縄まで輸送

→首都圏から沖縄のお見積もり例 ※2トンコンテナ作業員3名例

Y社:60万円

S社:40万円

N社:30万円 

 

高い引越し業者の場合は保障がある場合も。さて、保障といっても、どこに保障が関係してくるかご存知でしょうか。

通常、引越し当日、自宅に依頼した引越し業者スタッフが荷物引き取りに来ますよね。おそらく、てきぱきトラックに運んでくれますがその後どうするかご存知ですか。多くの業者は、そのあと自社トラックで港のコンテナまで運搬し、フェリー用のコンテナへまた手作業で詰め替えします。そして、数日間フェリーで運び、現地に着くと今度は同業者と提携している沖縄の引越し会社の方が引き受けます。フェリーコンテナからまた運び出して自社のトラックに詰め替えます。そうすると少なくとも2回の詰め替え作業があるわけです。(引越し業者によっては、出す港が違い、自走距離も変わるようです。)

 

この詰め替え作業の最中に破損が起きたり、違うトラックに載せてしまう事態が起きたり、トラブルが少なくないようです。そうなったときなどの保障などを意識した業者はお値段を高く表示しています。また、沖縄での引っ越し作業員の人数、現在お住まいの場所の作業員人数によってお値段も上下してきます。大きな家財があれば2名体制から3名となり、その分コストもぐんと上がる場合も。

 

私、古舘が引越しする際は、悩みに悩んで全て大型家財とはお別れすることにしました。だって、30万円ぐらいあればある程度のものは買えてしまうと思ったから。家電+最低限の家財はおそらく30万ちょっとで買えるでしょう?

 

もっともオススメ沖縄への引越し方法

沖縄に住むシンプルな生活

何の目的で沖縄に移住するか考えてみましょう。

 

●沖縄でリゾートライフをしたいから

●沖縄に避難するため

●沖縄で自分創りにチャレンジするため

●沖縄で家族の絆を創るため

●沖縄で田舎ライフを体験するため

 

いろんな理由、目的をお持ちの方がいるでしょうけど!でも、共通していることがあります。「シンプルな生活をする」ということです。都会的贅沢とは違う、沖縄でしか出来ないシンプルが贅沢な生活、それがリゾート生活を期待してきている方でも、非難とか子供の体調のために創る生活を求めに来ている方も一緒のはず。シンプルを求めている価値観をお持ちでしょう。それならば、一層のこと今までの抱えている荷物は手放して、別れるところから新しい人生を作る!ということにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

何が本当に必要か、自分たちは沖縄でどんな人生を新たにスタートしたいのか、考えた上で最低限必要なものだけをゆうパックにまとめましょう。ゆうパック!かなり良心的です。30キロまで、最大170サイズまで一口でいけます。

 

たとえば東京→沖縄間 最大170サイズでも2,200円(2012年2月現在)

 

私はゆうパック頑張って17個にまとめました。割引もあり、確か26,000円程度だったと思います。たった、2万円ちょっとで引越し完了です。あとは必要最低限のものを沖縄の生活に合わせて準備を楽しみましょう。持ち物には想いや未練、こだわり、いろんな気持ちが入っています。それを手放すことで新しい人生に目を向けられるということは実現したとき気がつけます。

 

ちなみにゆうパックは早めに引き取り依頼をお願いしたほうがいいです。ネット上に最短の日数書いてありますが電話すると余裕を持って早めに集荷させてくださいといわれます。当然、天候の都合もあるので必着をご希望であれば早めに沖縄に向けて発送かけた方がいいでしょう。